借金地獄な人生ひたすら自業自得

借金地獄な人生だけど自業自得

離婚・再婚・養育費・FX大損・借金地獄・債務整理。壮絶な人生と残念な貧乏生活を晒します。

借金地獄で自殺する勇気があるのならば考えて欲しい。経験者よりあなたへ。

借金地獄から任意整理を実施しブラックリスト入りしたこてつです。

借金地獄に堕ち入り、毎日資金繰りに翻弄し、将来の見通しもつかない。辛い。苦しい。死にたい。そんな絶望から抜け出す為に自殺を考えてしまう人が多く居ます。

借金地獄から逃げる為に自殺をする勇気があるのならば、そんな結論をくださなければならない程辛い状況ならば、いっそブラックリスト入りして人生の再起を図る。そんな勇気を持って欲しい。そう願っています。

借金地獄、辛い、死にたい、自殺、抜け出せない、そんなキーワードでインターネット検索してこの記事にたどり着いたあなたへ。同じぐ借金地獄に苦しむ人間として、ブラックリスト入りした人間として、そしてそれで同僚を失った人間として、私からの願いを込めたメッセージです。



自殺者の5人に1人が借金が原因

2016年を例にとると、3人に2人は心身の健康問題で、借金などの生活苦と家庭問題はそれぞれ5人に1人であることが厚生労働省と警察庁の分析により判明した。具体的にはうつ病など健康問題が11,014人(67.6%)、生活苦、借金などの経済・生活問題が3,522人(21.6%)、家族内の不和など家庭問題が3,337人(20.5%)であった。ウィキペディアより

上記は厚生労働省と警察庁がまとめた2016年の原因が特定出来た自殺者のデータです。借金などの生活苦で1年間で3522人が自らの命を断っています。自殺の要因としては健康問題に次ぐ2番目の要因となります。あなたはこの数が多いと感じますか?少ないと感じますか?


同僚の突然の自殺

今から約10年前、勤め先で隣のエリアで同じ仕事をしていた同僚が、突然自らの命を断ちました。あまりに突然な出来事に周りの人間は大きなショックを受けました。

当時、遺書などがなかった彼の自殺は、仕事で悩んでたのではないか?という曖昧な理由付けのまま葬儀が行われました。葬儀に参列した私は泣きじゃくるご両親、ご友人を目の当たりに、やり場のない怒りを感じました。いったい何が彼をそうさせてしまったのか?

私はその1ヶ月程前、エリア合同会議後に彼と仲間内数人で飲み会を行ないました。飲み会では、確かに仕事の悩みを打ち明けていました。そして、熱く好きな競馬の話で盛り上がっていました。こいつのギャンブルのやり方、桁が違うな。そう感じていました。

結局、彼の自殺原因が断定されたのはそこから数ヶ月後。上司から聞かされました。「ギャンブルで作った借金が200万円くらいあったらしい」当時、仕事を苦にしての自殺ではないのか?と思われた彼の自殺。その責任は会社にはないんだよ。そんな言い訳をしたいかの如くそれを言いふらす上司。


同僚の自殺を体験して教えられた事

今、実際に自分が借金地獄になってなんとなくですが解ります。彼のその決断。

ふざけんな!そんな簡単な理由じゃねぇんだよ!

へたすり本人も解らないまま、その苦しみから逃げる為に必死だっだんだよ。必死でなんとかしよう。そう思って勇気を持った。その勇気に彼が選んだ手段。それが自殺だったんだよ。

それが正解じゃないかもしれない。でも、少なくとも自分が実際借金地獄になって思います。借金借金、絶望、逃げたい、不安。日頃、頭の中はネガティヴな事でパンパンです。そこに今回は仕事の悩みが重なった。そんな状況になれば誰だって冷静な判断が出来るか解りません。


偶然に出会った前向きな勇気

状況によっは、私も彼と同じ行動をしていたかもしれません。たまたま私には死ぬ勇気がなかった。ただそれだけの違いです。

私が今こうしてブログ書いたり、たまに自分の貧乏をネタにして笑いをとってみよう。そう考えられ様になったのは、偶然に持てた2つの勇気でした。

1つ目は誰にも言えず一人悩んでいた借金を妻に告白する勇気が持てた事。

2つ目は債務整理という法的手段を行う勇気が持てた事。


実は私、債務整理の事よく知りませんでした。債務整理=破産して家も車も失い、会社すらクビになるのかな?そんな勝手なイメージしか持っていませんでした。ある日、もうどうにも資金繰りがならなくて、もう死ぬしかないのか?とインターネットで調べていた時に、樋口総合法律事務所さんの広告が目にとまりました。借金を持つ人間としては弁護士費用なんから出せない。そう思ってたので法律事務所に相談する考えは持っていませんでしたが、広告にある様に無料で納得がいく方向性が出るまで何度もお付き合い頂きました。

樋口総合法律事務所

今となってはこのきっかけが、私にとって大きな転機でした。本当に樋口総合法律事務所さんには感謝をしています。本気で困っている人は一度相談してみて下さい。

その相談で導き出した私の借金地獄からの脱出手段。それは債務整理の中のひとつ任意整理でした。その結論以降は、毎日借金地獄に悩まされて抜け出せない無限ループから、もうそれしかない!脱出する!と前向きに考えられる様になりました。

しかし、当然不安もあります。債務整理を行う事により、自分がブラックリストになる。その不安です。


ブラックリストの何が悪い

借金地獄な人の誰もが恐れる事。ブラックリスト。債務整理を実施した事により、私はブラックリストになりました。

ブラックリストについてはこちらの記事を参照下さい。

はっきり言いますね。借金地獄で死ね勇気が持てるなら、ブラックリストなんて全然怖くありません。言ってしまえは5〜10年ローンが組めないだけです。借金地獄な人は5〜10年でも返せるか解らず永遠悩む。悩んでまたローンを繰り返す。完済のあてはみつからない。それが借金地獄なんです。

それをローンが組めなくなる。たったそれだけで解決出来るんです。借金地獄で抜け出す目処が付かないのならば、いっそ全て無かった事にして人生を組み立てなおすのも手段です。

もう一度言います。死ぬ勇気があればブラックリストなんてなにも怖くありません!


最後に

この記事を最後まで読んで頂きありがとうございます。俺は借金なんて関係ないから。そんな人は周りに借金に苦しむ人が居たら伝えてあげて欲しい。借金地獄に苦しむ人は一度考えてみて欲しい。

借金地獄で身を滅ぼすなんて馬鹿らしい事。ブラックリストの何が悪い?

間違った方向に勇気を持ってしまった人を見送らなきゃいけない人。そんな人の悲しむ顔を思い浮かべて下さい。私はそんな顔、見るのは2度とゴメンです。